ロードバイクで新雛鶴トンネル往復ロングライド

スポンサーリンク

最近更新できていませんが、ゴールデンウィークはBD-1を持って、長野(松本、白馬)までサイクリング旅行に行ってきました。

その時の様子については後日紹介したいと思います。

さて、本日、山梨県の新雛鶴トンネルというところまで練習に行ってきました。

hinaduru_tunnel.jpg

今回はBD-1ではなく、ロードバイクで行きました。

世田谷区の千歳烏山というところから往復で約150km。

行く前は、今回の道は楽勝ではないけどもそれほど辛くもないだろうと、楽観視していましたが、ところがどっこい。
メチャクチャ辛かったです。

今までのバイク練習至上最高に脚に来ました。

行きの途中で足が売り切れ、後はひぃひぃ言いながら漕いでいました。

基本は行きは登り基調、帰りは下り基調なのですが、帰りも結構な登りが続いており、脚の疲労に追い討ちをかけてくれました。

BD-1では絶対に雛鶴往復は無理ですね。。

今日は、ナルシマ(なるしまフレンド)のジャージを着た人が50人以上、同じコースを走っていました。何かイベントでもあったんでしょうか。

雛鶴までの道(県道35号)はクルマよりも自転車の数の方が多かったです。

一番きつかったのが、道志みちに入ってしばらくしてから、藤野方面へ右折してからの牧馬峠までの劇坂。。。

あれで脚が死にました。登りきってからの下りも傾斜がきつく、腕が疲れました。なので、帰りは牧馬峠は通らず、篠原へ抜けました。

そういえば、多摩川にかなりの頻度で段差が設置されていました。調布周辺の段差は結構高いのでハンドルをちゃんと握ってないと危ないです。

府中の段差も自転車乗りにとっては嫌な段差ですね。

まあ、多摩川土手は歩行者、ランナーもいるので仕方の無いことだと思います。最近は自転車乗りが増えているので、多摩川沿い土手は川の左岸か右岸かどちらかを自転車専用道路、もう一方を歩行者、ランナー専用にすればいいと思います。

今回のルート



『I LOVE BD-1(Pacific Birdy)』はブログランキングに参加しています。他の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓


スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク