2016 ミャンマー⇔タイ・メーサロン自転車の旅(1日目-2)

スポンサーリンク

タチレク空港を出て、目指すはミャンマー・タイ国境。

事前にインターネットで調べると色々情報は出てくるものの、どうやって入国手続きをすればいいのかまでは分からなかった。
まあ行ってみればなんとかなるでしょ、ということで国境に向かう。

道は広くて走りやすい。勾配もほとんどないので楽だ。
だが、とにかく速く走らなければならない。というのもこの日の日没が17:45分(タイ時間)。現在は14時半過ぎ(ミャンマー時間)。
つまりタイ時間では15時過ぎ。日没まではあと3時間弱しかない。目的地は70km先。

時速25kmくらいで国境まで到着。何やら混んでいる。この時点でミャンマー時間15:06。タイ時間15:36。やばい。

混んでいるのはクルマなので脇を通らせて貰う。

行ってわかったのだが、ミャンマーのイミグレとタイのイミグレは100mくらい離れている。その間を川が流れている。
川と言っても川幅が10mくらいの小さい川だ。

まずはミャンマーのイミグレで出国手続き。
場所は良くわからなかったが、係員らしき人が教えてくれた。道の右側が窓口。
窓口で出国申請書(ヤンゴン空港で書くやつと同じ)を書いてパスポートとともに提出。

無事ミャンマー出国。

↓これがミャンマーとタイの国境の川。タイ時間15:49。出国手続き約13分。

↓道をまたぐ大きな建物がタイのイミグレ。ちなみに、クルマは左車線になっている。国境の川の上の橋あたりで右車線から左車線に変わるようだ。

タイのイミグレは道の左側の建物の中が入国用の窓口。
タイ人用と外国人の窓口が分かれている。狭いので自転車を置いて行かなければならず、盗まれやしないかビクビクしたが、係りの人に見てくれとお願いして何とか事なきを得る。

↓無事タイの入国審査が終わって、ミャンマー方面を振り返ったところ。この時点でタイ時間16時。出国手続き約10分。つまり、ミャンマー→タイの出国、入国手続きは大体30分を見ておけば良い。

続いてタイバーツの入手のため両替屋に行く。事前に調べて、Tessaban Road2にあるSuper Richというお店がレートが良いということだったので迷わず目指す。イミグレ出て100mも行かない所を左折。左折して20mくらいなのですぐ。

そして、SIMカードの入手も。これは同じくTessaban Road2の角にある携帯ショップで入手。300バーツ程。3日間の滞在なので最小プランで。

↓そしていざ出発。この時点でタイ時間16時20分。日没まで1時間半。。目的地まであと60km。

続く。



『I LOVE BD-1(Pacific Birdy)』はブログランキングに参加しています。人気の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓


スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク