【永久保存版】BD-1(Pacific Birdy)を飛行機輪行する際に保護すべき箇所

スポンサーリンク

今日は、BD-1(Birdy)を飛行機輪行する時に保護した方がいい箇所をご紹介します。

私は何度かBD-1(Birdy)を飛行機輪行していますが、反省を踏まえた上で考えだした結果です。
基本的にはBD-1は頑丈・丈夫なのですが、一部弱い部分がありますので、そこを重点的に守ってあげるといいと思います。
具体的には弱い部分は「フィッシュボーン」部分。

「フィッシュボーン」はBD-1の後輪部分を折りたたむ際に外す黒いプラスチック部分。
ここは折りたたんだ後にむき出しになりますので何かに当たると簡単に割れてしまいます。

そのため、ダンボールで保護してあげるとよいと思います。

BD-1_guard_2180

BD-1_guard_2181

BD-1_guard_2182

ちょっとした保護ですが、保護するのとしないのでは安心感が違います。

フィッシュボーンが割れてしまっても走行には支障がないですが、折りたたみを広げた後に持ち上げると後輪がプラプラ動くので気持ちが悪いです。

参考までに、BD-1 フィッシュボーンの交換方法は下記のページが参考になります。

BD-1 フィッシュボーンの交換方法


『I LOVE BD-1(Pacific Birdy)』はブログランキングに参加しています。人気の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓


スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク