BD-1 Classic インプレ その3

スポンサーリンク

BD-1 クラシック(2014年モデル)のインプレ第3回(最終回)です。

インプレ第1回

インプレ第2回

最終回は、サドルについて。

BD-1クラシックのサドルですが、これは、結論から言うと個人的にはあまり好きではありません。

bd-1_classic_saddle_183

見た目もはっきり言って良くないですが、座った感じもしっくりきません。パッドが厚すぎるため、お尻には優しいのですが、BD-1にレーシーさを求めるのであれば交換したほうが良いかと。

重量的にもかなりの重さがあると思われます。

bd-1_classic_saddle_184

bd-1_classic_saddle_186

bd-1_classic_saddle_188

参考までに、シートポスト込みのサドル重量を測ってみると約930gでした。

bd-1_classic_saddle_189

ちなみに、私の以前から持っているBD-1のシートポスト込みのサドル重量は約740g。

bd-1_saddle_179

bd-1_saddle_181

約200gの差があります。仮にシートポストの重量が同じと仮定すると、旧BD-1のサドル(selle ITALIA SLK GEL FLOW 2011)の重量が240gですので、BD-1クラシックのサドル重量は430gということになります。

シートポストとサドルを分離して計測していないため、あくまで推測になりますが。

デフォルトの重さがかなりあるので、BD-1用の軽いシートポストと軽いサドルを組み合わせれば、かなりの軽量化が図れます。

仮にKCNC ケーシーエヌシー [LITE WING] ライトウィング シートポスト(270g)とフィジーク ARIONE R3 アリオネ R3 カーボンレール(165g)を組み合わせると、トータル435g。

一気に500gの軽量化が図れます。

一気に変えるのは予算的に大変なので、まずはサドルから変えていきたいと思います。

インプレ第4回


『I LOVE BD-1(折りたたみ自転車)』はブログランキングに参加しています。他の折りたたみ自転車ブログはこちらから↓↓↓


スポンサーリンク
Adsense
Adsense

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク